GR8 FEST. AT OSAKA-JO HALL〜約8ヶ月ぶりの生ライブ!感無量!〜

さあ!

今回の記事は・・・

いよいよ書けます!!ライブレポート!

ついにきたよ。

もはやCDレビューのコーナーに
なりかけてたけど、、、

違うねん。

こーゆーライブの感想が書ける場が

ほしかってん!

・・・

誰も聞いてくれへんから。笑

ついに、
約8ヶ月ぶりのライブ参戦が実現!!

いやーーーー、まったよーーー!

やっと人間らしい生活が少し戻ってきた
気がするーーー!!!

ライブのタイトルやけど、

GR8 FEST.
AT OSAKA-JO HALL

いやーーー城ホ何年ぶりよ!?

って感じで、

めちゃめちゃ久しぶりでした!

フェスのコンセプトは、

全国各地の有名なフェスを
主催してるバンド達
が結集してフェスをやる!

というもの!

それだけでこんな立派なフェスができるやんと!

なんかコロナ以前にやってたイベント並みに
豪華すぎん!?

ってのが正直な感想で大満足!

まずは・・・

今回の出演者をまとめてみた!

なんて豪華な・・・

素晴らしい!

ただ、

2日目は用事で参加できひんかってんな・・・

ってことで、

自分が参加した1日目(10/10)
のみの記事にします。

勘弁して~

あっ、ライブレポートの前に
ちょっと余談!

コロナ禍でもちょっと前に実は

フェスが開催されててん!

「OSAKA MUSIC DAYS!!!」

というイベントやったんやけど、

こちらも実は開催場所が大阪城ホールでした!

「えっ、大阪積極的やな!」

ってこの時はちょっとした印象
しかなかってんけど、

よく考えるとこの状況で、
こんな大イベントの開催を検討できるって

すごいエネルギッシュな街じゃない?

改めて関西出身に誇りが持てたし、
なんかうれしい!

すごいことやん!

イベント開催には、

大阪府、大阪市のバックアップが必須。

こんな状況でも、

「何でも危ないものはやめ!禁止!」

じゃなく、

「どうしたら開催できるか?」

「エンターテイメントをどうやったら守れるのか?」

に重きをおいて、

一生懸命自治体からイベント主催者の方々が一丸

となって考えてくれた上で成り立ってるんやなって!

大阪やからこそのおもいきった開催。
大阪府、大阪市の協力あってこそ。
ほんまに日々ありがとうございます!

コロナ対応で一生懸命頑張ってくれている政治家の吉村さん、松井さん
そしてそのもとで実務をこなしてくれているたくさんの方々に
ライブの前から大感謝の気持ちがあふれるっていう話でした。笑

・・・

さて、本題かくでーーい!!

●SHANK

●SET LIST
1.Surface
2.Departure
3.Life is …
4.Smash The Babylon
5.Rising Down
6.Take Me Back
7.Hope
8.Isn’t she lovely
9.620
10.Good Night Darling
11.My sweet universe
12.Honesty
13.Set the fire
14.submarine

コロナ以前と何ひとつ変わらん真っ直ぐなshankらしいライブ。

何も変わらず突き進めるってことが、

いまのこの状況を良く捉えられることに繋がると、

心うたれたパフォーマンスやったと思います!

この記事でも多くは語りません!

(おい)

あー!

なんかSHANKのライブって
ほんま安心感あるなー!

これこれい!!!って感じ。

変わらない素晴らしさ。

変わってたところ?

・・・

しいてゆうなら下ネタが少なかったぐらい?笑

(おい)

●MONGOL800

●SET LIST
1.あなたに
2.Love Song
3.PARTY
4.DON’T WORRY BE HAPPY
5.神様
6.face to Face
7.小さな恋のうた

フェスでは絶対にセトリに入ってくる「小さな恋の歌」。

知名度の高い曲やから、

フェスではラストサビの前のコーラスで

「夢ならば覚めないで~、夢ならば覚めないで~」

のとこを合唱するのが定番なんよな。

今回もいつも通りボーカルがマイクを客席の方に回転させて、

せーのってタイミングを迎えたんやけど、

全く周囲からの歌声は聞こえず、拍手のみ!

コロナ禍ならではの歌声なしの大拍手!

俺はこれに感動した。

絶対に歌いたくなる場面やん。

日本人えらっ。って。

みんなが心の中で一生懸命歌ってたんやろなって。

またいつか同じ場所で大合唱がききたい!

そう強く思った!

あと、「Love Song」やってくれたのは
個人的にうおおおおってなった!

(練習中なんで。笑)

●SiM

●SET LIST
1.Make me Dead!!
2.Amy
3.T×H×C
4.KiLLiNG ME
5.GUNSHOT
6.Blah Blah Blah

コロナ禍でも耳に手をあて
コールアンドレスポンスばりばりのMAHさん!

こんな状況でもライブのスタイルを変えようとは一切思わない、

こんな状況に慣れたくない。

そんなメッセージがすごい伝わってきてSiMらしいな~!と。

なんなら、

「おまえらやる気あんのか!やり直し!」

みたいなジョークが入ってくんのかなー思ったけど
さすがにそれはなかったです。笑 

「どんなけ高いオーディオを家で揃えても、
この心にズシッとぶつかってくる生音にはならねえ。
お前らこれを待ってたんだろーーー!!!」

からのKiLLiNG ME!

まじ鳥肌ーーー!

●10-FEET

●SET LIST
1.VIBES BY VIBES
2.goes on
3.ハローフィクサー
4.蜃気楼
5.その向こうへ
6.シエラのように
7.RIVER
8.ヒトリセカイ
9.CHERRY BLOSSOM
10.1sec
11.時間がない時のRIVER

トリを飾ったのは京都大作戦から10-FEET!

いちばんすきなバンドです!

SEの「そして伝説へ」のタオルを
掲げたところですでに感無量。

まだ大変な状況やけど、
少しだけ平凡な日常を取り戻せつつある。

素晴らしいライブシーンが
もうすぐ帰ってくるんじゃないかって。

新曲「シエラのように」が心に響いた。

人生山あり谷あり。

特に谷の人がどん底の状況から
山に向かって這い上がっていく。

その姿勢に対して優しく寄り添ってくれる。

そんな楽曲になってた。

まあ10-FEETの曲は、

「成長とともに失ったこと、得られたこと」
「優しさと勇気」
「日々移り変わっていく感情との付き合い方」

というように“人生”という大きなテーマに対して
語りかけてくれる曲が多くて好きなんよな。

今回の新曲もなんか人生の不安定期に
差し掛かってるひとにはすごい響くんちゃうかな~。

ええ歌やな~。って思いながら、
涙をこらえながら聞いておりました。

安定のアンコール込み50分間全力投球のスタイル!

締めくくりにふさわしいパフォーマンスをみしてくれて、

ほんまその安定感すきって感じ!

またコウイチいじりの会も作ってくださいね。笑

別件でいっこ言わせてもらうと、

「シエラのように」のツアー、
当たる気しないんですけど!!

普段の1マンライブ当選も大変やのに、

コロナ対応で人数絞った
かつライブハウス規模のツアー当たる気せん!

神様、我にチケットを。

さて!

総括!

久しぶりのライブをこのメンツで
見れたってのはほんま幸せもの!

どのバンドも自分が邦ロックを好きに
なった序盤のほうで知ったバンドで、

初めてフェスに行った時のことを
思い出しながらみてた!

SHANKの安定感。

モンパチの一体感。

SiMの勢い。

10-FEETの優しさ。

どのアーティストもなんも
変わってない!!!

コロナの雰囲気とか関係なく、

全力でライブしてくれた。

ああ、また頑張れそう!

次のライブは決まってないけど~

また近いうちに参戦することを狙ってます。

ふう!

こんな感じでレポート終了!

・・・

伝わる!?

(おい)

ライブが生きがいってことは

伝わっとんかな~?

次どこのライブに行くか迷い中!!!

さあ!

この調子でかつてのエンターテイメントを
取り戻してくぞ!!!

うす!!!

最後に

 (ちょっとマジメな話!ごめん!笑)


コロナウイルスがこの国に入ってきて、
何もかも変わってしまいました。
確かにいま起きていることは現実です。

このような記事を見て、
「この状況でライブって・・・」
「国民のために自粛しろ!」
って意見もあるかと思います。

でも、
自粛ってのは
弱者をどうするか?
っていう問題を突きつけられるんです。
この場合、弱者ってのは、
「飲食店」「エンターテイメント業界」
「観光業」など、
自粛をされることで生活を失われてしまう
方々です。

もちろん、自粛をするなってのも
違います。
でも自粛していては生活が成り立たない
業界もあるんです。

なんで自分は、
そういう人達のことも考え、
そしてもちろん自分が人間らしい生活を
続けていくためにも、

必要最低限の感染対策はしっかりやる!
そのうえで、
動かない。
ではなく、
どう動くか?
を考えるスタイルにしています。

正直、じっと自粛するより
この選択のほうがしんどいです。

注意は欠かせへんし、
周囲には批判を受けるし、
大事な身の回りのひとへの感染リスク
を上げてしまうし、
ほんまに大変。

でも一部の人が犠牲になるのは
おかしいと思うし、
正直、自分も人間らしく
行動したいって思いもあって、
これからも貫いていきたい。

何度もいうけど、
感染対策は全力でやります。

アルコール消毒、手洗い、
マスク着用、
ソーシャルディスタンス、
ハイリスク者への接近を控える、
身の回りの物品の消毒、
スマホの画面の消毒。

じっとしている人にとっては
迷惑な話かもしれませんが、

どうかご理解宜しくおねがいします。


error: 本ブログ内コンテンツの無断コピー、ダウンロード及び使用は、管理者によって固く禁止されております。