November 16, 2020

皆さんお久しぶりです!
こんばんは!

更新率下がってきたーーー、、、

5日もあいてるーーー!

まあ、大した人数が見てるわけちゃうから

ええねんけど!

(みてる方に失礼や)

今日は先週末参加してきた

会社の同期の結婚式について書きます!

まず・・・

結婚式ってええよな!

(当たり前やん)

きてるこっちも幸せになるもんな!

予定をあわせるのが下手くそな俺は

友人の結婚式に参加するチャンスが

なかなかなくて、

結婚式っていつぶりや~?

っておもたら、

2019年3月以来!

1年半ぶり!!!

結婚式に参加して、

感じたことを後に記事にするってのは

当初考えてなかってんけども、

今回は仲の良い同期入社の子ってことで

思い入れもたくさんあって、

かつコロナ禍ってことで

いろいろ考えることもあり、

自分の思いを記事にしようと

思ったんです!

・・・

悪い!?

(なにおこっとんねん)

感じたことが大きく2つあるので

書いていきたいと思います!

コロナ禍の結婚式について。
可能な限りやってほしい派!

数々のイベントが中止になっていってる中、

自分達が結婚式を挙げていいんやろか?

って悩んでるカップル達は多いと思うけど、

俺は開催賛成派!

もちろんコロナ流行の酷さによるところは

あるけど、

いまぐらいのレベルならぜひやってほしい!

結婚式って、

2人が一緒になります~!

って、

簡単に言えばそういう場やねんけど、

当事者たちが親、友人、職場の方とか

普段大きなお世話になっている人に向けて、

普段言えない
素直な気持ちを伝えられる

ってことが

最大の魅力なんちゃうかな~

って感じる!

日常ではそういう照れくさい言葉は

どうしても出てこんし、

雰囲気的にも伝えづらいはず!

しかも、

式場での言葉は、

本人の心からの言葉で、

流す涙は、

「結婚できて良かった~」

ていう嬉し涙じゃなくて、

今まで付き合っててケンカしたこと、

親とぎくしゃくしてしまったこと、

仕事が思うようにいかなかったこと、

そういう事を思い出しながら、

何とか乗り越えてこれて良かったな

っていう涙。

こーゆーのって、

ほんまに宝物やとおもう!

やからこそ、

当事者達がやりたいと思ったタイミングで

実現できてほんまに良かったな~

っておもえる!

今回もそう感じた!

もちろん!

いろんな考え方があるけど、

個人的には結婚式はやると決めて!!

んで感染対策はやると!!

新郎新婦との写真でもマスクは取らないと!!

(そこはとれよ)

っておもってます!

ふう・・・

幸せ・・・

(どうした)

友達のことをより深く知るには、
その友達の友達に接してみること!

今回の結婚式は、

俺と、もう一人の同期が招待されてて、

2人で式場に向かうって感じやってんけど!

テーブル分けがさ!

俺、同期、
新婦友人(既婚×3、未婚×1)

の計6人っていう特殊な感じでさ!!

その新婦友人たちが

学生時代の積もる思い出話に盛り上がってたところに、

「おじゃましまーす!!」

てきな感じで一緒になったんよな!

そら普通に思うのは、

気まず・・・

あっ、あの・・・

僕にもその思い出共有してくれません??

ってことかもしれんけど~、

(いや、ちゃうやろ)

俺は個人的に今回のこの席は

これはこれで良かったな!

って感じたんよな!!

っていうのも!

新婦のこともより深く知れたな

って思うわけ!!!

新婦にはどんな友達がいて、

どんな思い出話が出てくるんやろ~

とか!

その雰囲気って本人の中身と

絶対通じるものが出てくるし、

伝わるものがあんねん!

てかもともと!

俺はそういう考え方を持ってたタイプ!

友達のことはその友達の友達を見て知ろ~!

って!

新婦とはゆーて付き合いも1~2年で

長いとはいえんぐらいやったし、

新婦の友人とは繋がれる機会は

なかったから、

結婚式の席でそれが実現できたことは

新婦のことをより知れる貴重な時間やったなあ~

って素直に思ってます!

というわけで!

その同期の子の結婚式の中身について

よりも考え方、感じ方の話になってしもた!笑

でも、

このご時世でイベントを開催する側って

ほんまに大変!!

いろいろ悩むことも多いはずやねん!

そういった不安を少しでも取り除いて

あげたいって思いに賛同する側が

できることは、

主催側に少しでも、

「めっちゃ楽しみにしとんで!」

って気持ちを素直に伝えてあげること

ちゃうかな!!

・・・

・・・

あっ!!もう仕事いかな!!

(おい)

error: 本ブログ内コンテンツの無断コピー、ダウンロード及び使用は、管理者によって固く禁止されております。